高校生の英語学習に関して

元家庭教師による、英語を話せるようになりたい高校生へのヒント

英語を話せるようになりたい 高校生

このブログでは、英語が苦手な高校生に克服の為のポイントや勉強方法をご紹介しています。
苦手な部分を解消さえ出来れば、英語は一気に得意科目にすることが出来ます。
文法問題も楽勝で、長文もそれなりに読めるようになります。

ですが、高校英語が理解できても英語が話せるようにはならないです。
英語を話す為には、話す為の勉強をする必要があるからです。

英語というのは、世界共通語です。
話せることで、旅行なども一気に楽しくなります。

そこで今回は、英語を話せるようになりたい高校生に勉強のポイントをご紹介します。

英語が話せない原因

皆さんの周りでも、英語が割とできる友人がいるかと思います。
ですが、それでも大半の方は英語を話すことは出来ないはずです。
英単語、英文法の知識があるにも関わらずです。

なぜなら、英語を話す為の機会が圧倒的に少ないからです。

中学英語、高校英語で習うのは、英語の読み書きが中心です。
英語の話し方、英会話の練習というのは、ほぼないですよね。

逆を言えば、英会話も勉強すれば良いだけです。

読み書きだって、最初は全くできない状態だったはずです。
それが出来るようになっているのは、勉強してきたからです。

英会話の勉強に最適な方法

問題は、どうやって英会話を勉強するかです。

幸いにも、今は幾つかの選択肢があります。
昔は英会話スクールが主流でしたが、今はオンライン英会話もあります。
値段が安いので、人気もありますね。

ですが、オンライン英会話は個人的にNGです。
特に英語を全く話せない高校生は、止めた方が良いでしょう。

理由ですが、いきなり英会話に挑戦するのは難しいからです。

未経験のスポーツで、いきなり実戦形式の練習をしたらどうでしょうか。
何もできないですから、上手くいかないのは明らかですよね。

まずは、英会話の基礎を固める方が良いと思います。

その手段としては、スタディサプリENGLISHを使うのが良いと思います。
当ブログでプッシュしている、スタディサプリの姉妹サービスです。

スタディサプリENGLISHですが、ソフト学習となっています。
外国人講師と話す必要がないですから、緊張せずに勉強が出来ます。
アプリもありますので、好きな時に英会話の勉強が可能です。

まとめ

英語が話せない原因は、英語を話す機会が少ないからです。
習う機会も少ないので、英語が得意な高校生でも上手に話せないです。

言い換えれば、英語を話す勉強をすれば話せるようになっていきます。
その手段としては、スタディサプリENGLISHがオススメです。

スタディサプリ同様に、無料体験が可能になっています。
もし興味があるなら、是非体験してみて下さいね。

元家庭教師が思う、高校生の英単語の覚え方について

高校生 英単語 覚え方

英語を勉強する上で、英単語を覚えることは必須です。
英文法もそうですが、英単語も避けて通ることは出来ないです。

英単語の重要性は、大半の方が理解はしていると思います。
ですが、思う様に覚えられず、苦戦している方も少なくありません。

なので、今回は英単語の覚え方について書いていきたいと思います。
高校生向けにしていますが、高校生以外でも有効です(笑)

英単語を覚える為のポイントと覚え方

皆さん、クイズ番組を見たことがあるかと思います。
難読漢字などが出題されていて、「読めないな」と思ったことないでしょうか。

難易度が高いとはいえ、母国語です。
それでも難しいのですから、英単語が難しいのも無理はないです。

とはいえ、覚えるのを避ける訳にはいかないです。

文脈等である程度意味を推測することは出来ます。
ただ、やはり覚えておくほうが楽であることは言うまでもないです。

英単語を覚えるためには、やはり繰り返し学習することが大切だと思います。

記憶というのは、2種類あることをご存知でしょうか。
短期記憶と長期記憶の2種類です。

短期記憶ですが、文字通り短期間で忘れてしまう記憶のことを言います。
例えば3日前の朝食を思い出すにしても、覚えていないですよね。
これが3日前の夜であれば、今朝のことですから回答できたはずです。

これに対して、ずっと覚えている物を長期記憶といいます。

長期記憶ですが、正確には短期記憶→長期記憶です。
そして、長期記憶にするには2種類の方法があると言われています。

まず1つめは、感情を激しく動かすことです。

失恋した時の出来事とか、ずっと覚えていますよね。
あれは感情が激しく動かされたからです。

もう1つですが、同じ情報を繰り返し入れることです。

同じ情報を繰り返しインプットすると、重要な情報と頭が判断します。
その為、その情報を長期記憶に移行します。

英単語を覚えるのであれば、繰り返し情報を入れるしかないです。
感情的に単語を覚えるというのは、なかなか難しいからです。

繰り返し学習をするならば、アプリを活用するのが良いです。

アプリなら、自分の好きな時に単語学習が出来ます。
また機能次第では、間違えた単語だけを繰り返し学習が出来ます。
ですから、英単語を覚えるのに非常に適しているのです。

英単語のアプリならば、無料の物も多いです。
当ブログで推奨している、スタディサプリも出しています。
恐らく無料だったので、使ってみると良いと思います。

まとめ

英単語を覚えるには、長期記憶がポイントです。
覚えた単語を長期記憶する為には、繰り返し学習するしかないです。

そのための手段としては、アプリが非常に適しています。
好きな時に英単語学習が出来るからです。
無料も多いですから、使ってみると良いと思います。

元家庭教師が思う、英語を一から学びたい高校生に良い方法

高校生 英語 一から

英語が苦手、理解できないなら、一から勉強し直すのが確実です。
学生が習う英語は積み重ねですから、一からやれば克服可能だからです。

学生時代に家庭教師をしていた時も、英語が苦手な子供には一から英語を教えていました。
苦手な学生ほど、英語の成績が一気に伸びていました。
それくらい、一からスタートするのは凄く良いことだと思います。

ですが、他の記事でも書いていますが、英語を一から学ぶなら方法が大事です。
苦手なものであれば、尚更です。

スポーツでも、苦手な種目を自己流で練習するのはどうでしょうか。
何が出来ていないかも分からないですし、良い選択とは言えないですよね。
そこはやはり、経験者や指導経験があるコーチから習うべきだと思います。
そちら方法が分かり易いですし、無駄なく上達が出来ます。

英語の場合も、一から学ぶなら専門の人から学ぶべきだと思います。
英語は第二言語ですし、その方が説明も分かり易いです。

ただ、高校生が英語を一から学ぶとなると、選択肢は限られるという問題があります。

塾という選択肢ですが、団体塾では一から英語をやることは出来ないです。
カリキュラムが決まっており、それに沿って進むからです。
基礎を教えてくれる講座があったとしても、英語を一からというのは少ないです。

となると、個別指導か家庭教師という選択肢になってきますよね。
これなら各自に合った授業を行うので、高校生でも一から英語を勉強し直せます。

ですが、この場合には費用が掛かるという欠点があります。
どちらも少人数体制ですから、団体塾よりもお金が掛かってしまうのです。

ですから、僕は学習アプリを使うことをおすすめしています。
具体的には、スタディサプリというサービスが良いです。

スタディサプリであれば、高校生でも中学英語から勉強が出来ます。
中学英語は英語学習の基本中の基本の部分です。
ですから、一からやり直したい方には最適だと思います。

授業内容も、プロの講師が行っていますので分かり易いと定評があります。
その証拠に、有名進学校なども導入している位です。

料金についても、基本的なプランなら毎月千円程度で安いです。
塾や家庭教師を利用する際に必要な、入会金等も掛からないです。

良さについては、実際に使わないと分からないと思います。
ですから、もし英語を一から勉強したいなら、使ってみては如何でしょうか。

初めて利用される方は、無料体験を実施しています。
実際に全ての授業を視聴できますから、魅力を十分体感できると思います。

ただ、注意点が幾つかあります。
もしこの記事をご覧になっている方が高校生であれば、下記の記事内にあります注意事項をチェックして下さい。

英語が全くできない高校生に、最適な解決方法があります!